コンテンツビジネス研究会へようこそ


映画、音楽、アニメ、ゲームソフトといったわが国の「コンテンツ」は、世界的に人気があり、総じて高い評価を受けています。
我が国のコンテンツビジネスは総額で13兆円規模になっており、内閣官房に設置された知的財産戦略本部でもコンテンツビジネス振興を国家戦略の柱にするとの意思決定がされています。
しかしながら、中小アニメーション制作業を始めとする制作現場では経営基盤が脆弱であり、そこに働く人々も十分な報酬を得られているとは言い難い状況にあります。
コンテンツビジネス研究会は、コンテンツビジネス振興に貢献するため、社団法人中小企業診断協会東京支部登録の研究会として、2006年8月に設立いたしました。

コンテンツビジネス研究会の基本方針と活動内容は、下記の通りです。

【基本方針】
・「コンテンツビジネスに強い中小企業診断士」を育成する。
・単なる勉強会だけでなく、「行動する研究会」を目指す。
・行政や関係諸団体と連携して、コンテンツビジネスの振興に貢献する。

【活動内容】
・原則として、毎月第2土曜日の18時から定例会を実施する。
 定例会では、運営会議、情報交換の他、外部から講師を招いての講演会、行政、諸団体との交流も実施する。
・外部に向けてのセミナー等を企画・実施する。
・行政や関係諸団体が実施する各種イベントに、中小企業診断士として参加する。
・行政や関係諸団体が行なう専門家派遣事業等に人材を紹介する。
・中小企業診断士に向けて、コンテンツビジネスを知ってもらうためのセミナーや見学会を実施する。
・コンテンツ制作業等への経営コンサルティングを行うと共に、コンサルティングツールの開発を行なう。

 当研究会では、以上のような活動を通じて、才能ある人がその才能を発揮でき、努力した人が報われるような、夢のあるコンテンツビジネス実現のために貢献していきたいと考えています。



Copyright © 2008-2014 Tokyo-SMECA Contents business study group All Rights Reserved.